スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50歳限界説

毎日本屋仕事をして分かったこと。それは50歳がけっこうな壁であること。同じことをやりつづけていれば何となくくたびれてくるものだが、それが50歳くらいだとは、誰も教えてくれなかったな。よくしてくださったお客様もめっきり来店されなくなったと気付くのも50歳。体力的にもきつくなって来る50歳。そして残りの時間を数え始める50歳。と、後ろ向きなことばかりが目立ってくるけど、ここはあえて開き直って、これからやりたいことに特化してあれこれ妄想する。これまで経験していない本屋のカタチにあこがれる。今、やりたいことをやるには目の前にモンダイがあまりにも多すぎるし、敵前逃亡のようで、かえってどこへもいけなくなるような気になってしまうこの頃である。なあんてね。
スポンサーサイト

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。