2015年02月 の記事一覧

| |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えらそーな仕事論まとめ その1

従業員の作業時間が少なくてなかなか本屋シゴトのやり方を伝え切れていない気がして仕方ない。だったら、一旦文字にしてみようと思い立って書き始めたけど文章がヘタという致命的なことがわかっただけ。伝えるには程遠いのだ。本屋は長時間やってこそその面白さが分かるんだけど、就労時間のバランスを考えると実際に働いてもらうことはむずかしい。やり方を伝えようとすることはある意味かんたんだけど他人から教わるものではなくて自分で気づいていかなくては身につかない。本当は仕事が出来ても出来なくてもどうでもいいのかもしれない。売り上げさえあれば。そう、すべてはそこへ集約されてしまう。すると売り上げが取れる様なシステムを考えることがボクの役割か。
スポンサーサイト

ボクのスリップの扱い方

スリップ
posレジを導入しているにもかかわらず、むかしからスリップで発注管理をする。大分類は単行本、実用書、児童書、学参、文庫、コミック。これがほぼ担当ごとの分類だ。以前に比べると種類が随分減ったなあ、なんて感傷的になっても売り上げがないのだから仕方ない。スリップ分けはなるべく手が止まらないようにしたい。棚の順番通りに並べ直していざ、棚へ、となる毎日なんだけど、けっしてやらないようにしていることは、スリップを持ちながらの棚整理。しかも、大して返品も出ない。時間がたっぷりあって、もっと売れていたときには放っておいたけど、こんなムダな作業は是非避けたい。品出し、棚整理、返品、在庫チェックは別々に行ないたい。棚整理と返品がきちんとできていれば在庫チェックは数分で終わる。でも在庫が十分な本の発注をしてしまった自分を責めることはままある。中途半端だけど、だいだいこんなものだ。

ボクの並べ方(文庫)

文庫
点数は多いし、毎日のように刊行される文庫をどう並べるかはいつも悩ましい。そして結構いい加減だ。POSデータを管理しているところはどうかわからないが、当店は担当者のセンスで棚が作られる。売れている(つもりの場合のある)書目と売りたい本(思い入れだけで実績なし)ちょっと表現が辛らつだけど、そうだ、自分のやり方を書くんだった。ボクは、新刊コーナーが一番ラクで一番つまらないと思っている。配本の多い書目が目立ち、そうでない本は新刊にも関わらず、在庫が増えすぎてしまったときには差しになってしまうこともある。とにかく新刊コーナーはキュウクツだ。そこで各版元ごとの棚前が工夫し甲斐のあるエリア。新潮社、文春、角川の棚前を、版元のフェアとあわせて、作家やジャンルでコーナー展開をつくる。強力な書目を核にして展開する場合とジャンル作品を展開する場所を決め内容をすこしずつ変えながら徐々にお客様を付けていく。ジャンルは警察もの、恋愛小説(かるいやつ)、ファンタジー、ミステリ(大雑把だけど客層ごと)などを考える。本の本コーナーも作る。作家は村上春樹、藤沢周平、池波正太郎、司馬遼太郎、山本周五郎、湊かなえ、東野圭吾など列挙すると脈略がないけどそれぞれに似合う棚前だとそれほど違和感はない。それぞれのコーナーがお客様にとってお気に入りの場所になるようなつもりで棚を育てたい。フェアはそれをこわすもの。でも、マンネリ感をリセットしてくれる効果はある。新しいジャンルや作家に気づくこともあるかもしれない。ここまで書いてなんだけどこんな愉しいことができるのは当店の文庫の売り上げが売り場面積に対して大した事ないからである。半分負け惜しみもあるけど。

ボクの並べ方(藝術書)

藝術
芸術書は、本屋をやっていて最も売りたいジャンルのひとつだ。ボクのアイドルといえるアーティストの本は特に目立つ様に並べたり、既刊本と合わせてコーナー展開、ホントは派手に本を動かしたいけどそんなに動かない。お店についているお客様の嗜好する本をほとんどが複数冊数を売ることが難しいけど一冊一冊並べていくことの繰り返しがけっこう愉しい。1・2年ごとに大規模な棚整理を行う。どうしても動かない本たちとのお別れ。たくさん売れた本は動き続けている間は追いかけ、データとして活用することはない。過去だから。売りたい本を売れるように工夫する代表的なジャンルだ。

ボクの好きな作業

本屋ってやることがいっぱいあって、どれをやるか選び取る職業だと思う。すると自分が日々えり好みしたり、必要に迫られてする作業のなかでどれが一番好きかなと考えてみるとけっこう好きが多いことに気づく。棚の本を整理して自分の一部になっていくような感覚になるときが好き、売り上げスリップを分けていて思わぬ本が動いているとわかるときが好き、想定時間内に作業がしっかり終了する瞬間や新刊書の箱を開梱する時、お客様の探求書を探せたとき。ああ、やはりうまくまとまらない。

ボクの働き方

店の営業時間は9時から22時までなので、朝は7時出勤目標、最近は起きられなくて7時半から8時にかけて出勤して午前中はできるだけ棚にさわって午後はときどき長い休憩ののち閉店時間の22時まで店にいます。これがほぼ364日続きます。とは言え2ヶ月ほど続くとかなり怠けたくなってきて、いい具合にお客さんが来たり、東京出張があったり、一箱古本市があって息が抜けます。結構目いっぱい店にたずさわっているつもりなんですけど、うまくいかないのは才能がないので仕方ないか。店ですること以外は基本的にすべて苦手です。だから店を続けるために店に居続けます。妻に叱られない程度には。

ボクの並べ方(雑誌)

雑誌を並べるときに一番意識しているのは、両手を使うこと。つい片手で本をかかえたまま作業してしまうことがあり、気づくと必ず改めるようにしている。もう30年になろうとしているのに未熟。並べる動作や思考に一番時間を割ける動きを意識する。もう若くないからムダに動くとくたびれる。だから本を動かす回数をなるべく少なくする。大雑把に積み分けられた雑誌の山を自分の近く(一二歩程度の移動で済むくらいの範囲)でコーナーごとに分ける。そのとき少量ならそのまま運び、多いときは並べる場所の確保が先。新入荷をアピールできるように並べられればいいけど、毎日の作業でアベレージをとることはむずかしい。ジャンル、テーマ展開に飽きたらすべて取り替える。新しく入荷した雑誌の表紙をよく見て優先順位を決める。売れる確率順の棚ではつまらない。なにを売りたいのかぼやけてしまう。そんなふうにならないように日々並べているんだけどなあ。うまくかけないのでまた書くことにする。本屋大賞の本を読まなくちゃ。

今やっておかなくてはいけないこと

小売りはこれからどうなっていくんだろうか、先日、商売の大先輩からお話を聞く機会があった。もはや商品の力に頼っているだけではネットには到底かなわず、やがて店をたたむことになる。あるいは立地に頼った商売もいつダメになるかわからない。とはいえ小規模ではその継続(あるいは継承)がその店の特異性が強いほど難しい。誰もやっていないことを勇気を持って実行してみること、目先の売り上げではなく数年先を見据えた手を打つことが今こそ必要だと思った。あせらず、思いつきでなく、年数をかけて積み上げていく仕事をやっていかなくてはいけない。自身のためだけでなく、店を利用してくださるお客様もためにも。新たな気持ちになった。

改装したい。

元来飽きやすい性格のせいか、ハタマタ店に居過ぎなのかわかりませんが、久しぶりに改装熱が上がっている。売り上げは思うようにはならず、空調の調子が悪くてバカ高い(じゃなくてまっとうな修理費)見積もりが出てきて、どうにもお金が回せない。お金で売り上げを買うような改装ではしょうがないので、無いならお金がなるべくかからないように知恵を出すしかないんです。それにしても店は静か。もうすぐ閉店時間です。
«  | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。