2011年10月 の記事一覧

| |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋葉一箱古本市をやります

9月開催に続いて、第2回目の一箱古本市を前回同様、堀出神社(新津本町3)で開催します。
あいだ一月半でやるのは、かなり無茶なのですが、その程度の規模、やり方を覚えなくては、皆で続けられませんねえ。欲をエネルギーにする手もあるのでしょうが、禁じ手と思っています。本を活かすこと、見知らぬ人と話をすること、このふたつがやりたいがための、一箱古本市です。
前回の屋内開催があまりにも好評だったので、同じ場所をずっと貸してくれればいいのにね、なんて声もありました。会場がいいのは当たり前です。神社で結婚式をする時に使う部屋なのですから、そんなキレイなところを使わせていただいて、100円の古本を並べて良かったのかしらん。バチは当たらないでしょうが。
2回目は、屋外開催をやってみたかった。それも寒くなる前に。
販売代行は新たな試み。本を活かすには、今のところ、このやり方ぐらいしか思いつかなかった。1回目が終わってから、お一人の方から、蔵書をダンボールで10箱ぐらい預かった。当然、6日に並べる。でも、正直、金融・経済の本はキツイな。神谷美惠子著作集は魅力的だけど。文庫は名作・古典が中心。
準備が不十分なままだけど、やり遂げてみようっと。
いっぱい本の話を
秋葉一箱古本市
スポンサーサイト

次回の一箱古本市@堀出神社は?

昨日、堀出神社へ一箱古本市の開催申し込みをしてきた。日時は11月6日(日)8時ごろから15時ごろまで。伝統の菊まつりのお隣で、本をひろげる。秋葉区内のコミ協宛に回覧板での告知協力依頼の文章を送った。文章作りから、宛名書きまでやって、半日もかかってしまった。後は各町内の区長さん宛に、協力のお願いをするのみ。宣伝告知のやり方を何とか構築して、今後は秋葉・本好きの会のメンバーの誰でも、準備が出来るようにすることが目的だ。出店者はベースは前回の出店いただいた方々にお願いしようと勝手に考えているが、前日まで受付は可能なので、何とかなるだろう。あとはポスター作って、回覧板用のチラシを発送して・・・
«  | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。