カテゴリ:雑記 の記事一覧

| | 古い記事一覧へ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアルなお店のできること。

7月に鳥屋野のおしゃれな家具屋さん「S.H.S」さまに出店させていだだき、実りある一年間でした。新店舗のEISHINDO BOOKSは、その店つくりから、従来の書店ではありえないことから始まっています。まず店のレイアウトというか空間は、本が並ぶ前に完成していました。書棚も作っていただきました。引渡しに案内された店舗空間は、今だからこそ言いますが、雑貨が並んでいるようなイメージしか浮かんでこない状態でした。それまでの期待感が、一気に不安感に変わった瞬間でもありました。そしてオープンした店はまるでショールームのようで、お客様には「ここの本は買えるのですか?」と聞かれる有様でした。本をきれいに並べることの何が違っているのかを考える日々です。そして少しわかったことは、本は、ほかの物販とは違っていること。統一ジャンルやテーマ、さらにはテイストまでも揃えてしまう物販販売に倣って棚つくりをしてしまうと、売り場がどんどん薄くなってゆくことに気づきました。書店の売り場が大型化することに伴い、ジャンルわけをきちんとやって、よりわかりやすく並べることが当たり前だと思っていたのですが、好き嫌いという二択しかないような売り場はすぐに飽きがきてしまいます。するとできることを極端に言えば、ベストセラー中心の品揃えか、倉庫のような店を目指すかしかありません。合理化か品揃えかを支える売り場が単純化したものでしかなくなったときに、本の魅力は失われてゆきます。一冊の本は読み手により様々な読み方ができます。それが長年読み継がれてゆくことにもなります。かつての小さい店舗は、一人のお客様が書棚をすみずみまで見てくれてお客様自らが編集作業をやってくれていたようなものでした。過剰に複雑な構成の書棚では困りますが、どこかお客様の?が生まれ、それに対する答えも用意してある棚が、今の理想の書棚です。実用書の中に小説を一冊だけ混ぜたり、異なったジャンルの本を一ヶ所にまとめてみることが、リアルな店にできること。それを互いに競うようになっていけば、実店舗はまだまだイケル気がします。
スポンサーサイト

えらそーな仕事論まとめ その1

従業員の作業時間が少なくてなかなか本屋シゴトのやり方を伝え切れていない気がして仕方ない。だったら、一旦文字にしてみようと思い立って書き始めたけど文章がヘタという致命的なことがわかっただけ。伝えるには程遠いのだ。本屋は長時間やってこそその面白さが分かるんだけど、就労時間のバランスを考えると実際に働いてもらうことはむずかしい。やり方を伝えようとすることはある意味かんたんだけど他人から教わるものではなくて自分で気づいていかなくては身につかない。本当は仕事が出来ても出来なくてもどうでもいいのかもしれない。売り上げさえあれば。そう、すべてはそこへ集約されてしまう。すると売り上げが取れる様なシステムを考えることがボクの役割か。

ボクのスリップの扱い方

スリップ
posレジを導入しているにもかかわらず、むかしからスリップで発注管理をする。大分類は単行本、実用書、児童書、学参、文庫、コミック。これがほぼ担当ごとの分類だ。以前に比べると種類が随分減ったなあ、なんて感傷的になっても売り上げがないのだから仕方ない。スリップ分けはなるべく手が止まらないようにしたい。棚の順番通りに並べ直していざ、棚へ、となる毎日なんだけど、けっしてやらないようにしていることは、スリップを持ちながらの棚整理。しかも、大して返品も出ない。時間がたっぷりあって、もっと売れていたときには放っておいたけど、こんなムダな作業は是非避けたい。品出し、棚整理、返品、在庫チェックは別々に行ないたい。棚整理と返品がきちんとできていれば在庫チェックは数分で終わる。でも在庫が十分な本の発注をしてしまった自分を責めることはままある。中途半端だけど、だいだいこんなものだ。

ボクの好きな作業

本屋ってやることがいっぱいあって、どれをやるか選び取る職業だと思う。すると自分が日々えり好みしたり、必要に迫られてする作業のなかでどれが一番好きかなと考えてみるとけっこう好きが多いことに気づく。棚の本を整理して自分の一部になっていくような感覚になるときが好き、売り上げスリップを分けていて思わぬ本が動いているとわかるときが好き、想定時間内に作業がしっかり終了する瞬間や新刊書の箱を開梱する時、お客様の探求書を探せたとき。ああ、やはりうまくまとまらない。

ボクの働き方

店の営業時間は9時から22時までなので、朝は7時出勤目標、最近は起きられなくて7時半から8時にかけて出勤して午前中はできるだけ棚にさわって午後はときどき長い休憩ののち閉店時間の22時まで店にいます。これがほぼ364日続きます。とは言え2ヶ月ほど続くとかなり怠けたくなってきて、いい具合にお客さんが来たり、東京出張があったり、一箱古本市があって息が抜けます。結構目いっぱい店にたずさわっているつもりなんですけど、うまくいかないのは才能がないので仕方ないか。店ですること以外は基本的にすべて苦手です。だから店を続けるために店に居続けます。妻に叱られない程度には。

今やっておかなくてはいけないこと

小売りはこれからどうなっていくんだろうか、先日、商売の大先輩からお話を聞く機会があった。もはや商品の力に頼っているだけではネットには到底かなわず、やがて店をたたむことになる。あるいは立地に頼った商売もいつダメになるかわからない。とはいえ小規模ではその継続(あるいは継承)がその店の特異性が強いほど難しい。誰もやっていないことを勇気を持って実行してみること、目先の売り上げではなく数年先を見据えた手を打つことが今こそ必要だと思った。あせらず、思いつきでなく、年数をかけて積み上げていく仕事をやっていかなくてはいけない。自身のためだけでなく、店を利用してくださるお客様もためにも。新たな気持ちになった。

改装したい。

元来飽きやすい性格のせいか、ハタマタ店に居過ぎなのかわかりませんが、久しぶりに改装熱が上がっている。売り上げは思うようにはならず、空調の調子が悪くてバカ高い(じゃなくてまっとうな修理費)見積もりが出てきて、どうにもお金が回せない。お金で売り上げを買うような改装ではしょうがないので、無いならお金がなるべくかからないように知恵を出すしかないんです。それにしても店は静か。もうすぐ閉店時間です。

未熟さを今更ながら思い知りました

今年になって、大きなヘマ(本当にはずかしいので書かないけど従業員には話した)をやらかした。おかげで、このところのだらだらしていた気分に喝が入った。自分の未熟さを思い知るには、そのお客様には本当に迷惑をかけてしまったけど、得がたい経験をさせてもらったと思う。やりたいことは、本屋だけ、って言い切れるくらいに、またがんばろうっと!

今年やること

今年やることの筆頭は、店を続けること。そのためにやらなくてはいけないことは、まだまだたくさんあります。どれが、効果的かなんてやってみなくては分かりません。なるべくお金をかけず(無いんだから)手間はほどほどに、本屋であることは忘れずに。暮らしには、本が必要だと思える店にしたいものです。

50歳限界説

毎日本屋仕事をして分かったこと。それは50歳がけっこうな壁であること。同じことをやりつづけていれば何となくくたびれてくるものだが、それが50歳くらいだとは、誰も教えてくれなかったな。よくしてくださったお客様もめっきり来店されなくなったと気付くのも50歳。体力的にもきつくなって来る50歳。そして残りの時間を数え始める50歳。と、後ろ向きなことばかりが目立ってくるけど、ここはあえて開き直って、これからやりたいことに特化してあれこれ妄想する。これまで経験していない本屋のカタチにあこがれる。今、やりたいことをやるには目の前にモンダイがあまりにも多すぎるし、敵前逃亡のようで、かえってどこへもいけなくなるような気になってしまうこの頃である。なあんてね。
«  | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。