カテゴリ:未分類 の記事一覧

| |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年の抱負

12月も半分余りすぎたので、来年の抱負ぐらい言っておいてもいいでしょう。まずは、計画がうまくまとまれば、改装をしたいと考えています。それに伴い、カフェを併設できればいいなあ・・・もしかしたら自動販売機のコーヒーになるかもしれません。文房具の充実も試案中です。いずれにしても、お金のかかることなので無理をせず、できることからやっていきます。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

ちっぽけな本屋ができること

先日、マーケテイングの本を書かれた作家の方のお話を講演というかたちでお聞きする機会があった。たしかに本屋は今、大変だ。これまで通りのやり方では立ち行かなくなっている。自店についてはいろいろ迷うことばかりだ。まずは売り上げ。このままだと営業を続けるのは難しいだろう。ではどうしよう?棚をいじって、POPを書いて、従業員は減ったままにして・・・・そう、従業員だって大変だ。以前とは比較できないほどの作業を要求され、さらにもっとたくさんのことを求められてゆく。誰でも楽をできるに越したことはない、って思っているはずなのに、なぜ必死を求められるんだろうか?従業員の評価基準は数年前と変わってきていることに気づく。逆に店員の質が下がったなんて声ばかりが入ってくるけど、育つことを待てない環境であるとは思わないのかな。お話を聞くと、様々に工夫している店があり、とても刺激を受ける。努力が足りないと聞かされた。自分は、必要以上に必死になる若さはもうないなあ、でも生き残るために知恵は何とかひねり出さなくては、店がなくなってしまうかもしれない。本屋でいることが只好きな自分は、生き残りをかけて新しいことを始める。妻が怒り出さない程度には、店にずっと居る。バランス感覚なんてもとより持っていない。現状をヒトのせいにしてはいけないのは、分かっているつもりだけど、講師の先生から紹介していただいた本を帰りの新幹線で読みながら、この著者はスタンダードを変えることへの恐れはないのかと考えた。行政の長もしかりである。権力や影響力を持つ人たちは、変える責任を、その必要性と併せて考えるべきだと思った。若さにまかせて一生懸命やるには力を持ち過ぎ、というか。まあ、そうは言ってもまずは、店を続けなくちゃ!あと5年は持ちこたえてみせます!

口内炎が痛くて

春にしゃべり過ぎたと反省してから、淡々と仕事して、一箱古本市もやって、家族旅行なんて行ったりして、けっこう充実してそうな日々のはずなんだが、少し物足りない。このブログの文章もずいぶん書いては編集に保存した。今年で店は14年目を迎えることになり、いよいよあと一年だ。説明が足りないので補足すると、15年契約なので契約更新するかどうか迷っているということだ。さらに言えば、廃業する気は全くないので、移転することになる。でも、Tはそのまま商売を続けて、こちらは撤退っていうのは、承服出来ねえなあ。それにしても、口内炎が痛い。このことが一番気になる。

次回の一箱古本市@堀出神社は?

昨日、堀出神社へ一箱古本市の開催申し込みをしてきた。日時は11月6日(日)8時ごろから15時ごろまで。伝統の菊まつりのお隣で、本をひろげる。秋葉区内のコミ協宛に回覧板での告知協力依頼の文章を送った。文章作りから、宛名書きまでやって、半日もかかってしまった。後は各町内の区長さん宛に、協力のお願いをするのみ。宣伝告知のやり方を何とか構築して、今後は秋葉・本好きの会のメンバーの誰でも、準備が出来るようにすることが目的だ。出店者はベースは前回の出店いただいた方々にお願いしようと勝手に考えているが、前日まで受付は可能なので、何とかなるだろう。あとはポスター作って、回覧板用のチラシを発送して・・・
«  | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。